メガネ・時計・宝石・補聴器のヤマウチ

トップ > お知らせ > スマホ老眼予防にも☆メガネを作ってみよう!!

スマホ老眼予防にも☆メガネを作ってみよう!!

2018/01/11

こんにちは、今日は「昔は目がよかったのに、気づけば視界がぼやけている。」なぜなんだ??をテーマにざっくりブログを書いていこうかと思います!!

 

まず最初に、見づらいと感じたら、目を細めたり、我慢するのではなく視力検査をしに行ってみよう!

 

最近、メガネ初心者の方で、今まで視力はよかったのに、夜や雨の日になると視界がぼやけて看板が見えないというお話を何度か聞きました!!

 

雨の日に運転すると、すっごくめが疲れるそうで、目の奥が痛くなったり、肩が凝ったり、頭痛がしてきたり、特に対向車が来たときはライトが眩しすぎて強い不快感を感じるとのこと。

 

IMG_1361_R

ライトがボヤとして通常よりも眩しく感じます。

これは、乱視のせいなんです。

ざっくりな説明なんですが、生まれつき弱い乱視を持っている方、若いころは、目の調節力がしっかり働いるので、ピントを合わせてくれるんですが、年齢とともに目の調節力が衰えていって、こんな感じの見え方になっていきます。通常目の衰えは、40代頃から何ですが、最近ではスマホなどの使い過ぎで調節力の低下が早まってるといわれています。

 

メガネを常時使用してきた人は、見えづらくなったら、視力検査してメガネを作り直そうと思うんですが、今までメガネを使用したことがない方は、メガネじたいになじみがなかったり、「メガネが必要かも」と思いながらも、天気がよく明るいときはよく見えるからと、見送りがちになってしまいます。

でも、見ずらい物を無理やり見ようとすることで、目が疲れてしまい→肩こり→頭痛などにつながっていってしまいます。

目を酷使する前に思い切って、メガネ屋さんで視力検査をしてもらってください!!要メガネの方は、思い切って一本作って、快適な運転ライフを送ってください☆☆☆

 

乱視の特徴

●遠くのものがぼやけて見える、二重にみえる

●数字の5.6や3.8などの区別がつけにくい

●夜、雨の日は、標識などが特にぼやける

●夜、雨の日、対向車のライトがにじんで眩しい

acuvue_astig_img_005

 

 

この図から30cmほど離れていただき、片目ずつ見てください。

太くなる線がある場合乱視の可能性があります

 

 

 

 

ヤマウチでは、熟練のスタッフがお客様にあったメガネを作るために、流れ作業ではなく、丁寧に視力検査をさせていただきます。乱視の特徴にあてはまった方、お気軽に遊びに来てください!!

メガネ初心者の方も満足していただける、抜群の掛け心地、デザイン、のメガネをご提案させていただきます!!