メガネ・時計・宝石・補聴器のヤマウチ

トップ > メガネ

メガネ

ヤマウチのお得なメガネセット

心地良いメガネを提案する「認定眼鏡士SS級」スペシャリストが、よりレベルの高いビジョンケアを提供します。

 

IMG_7025

 

Aセット

10,000円(税込)

※赤色シールが目印

Bセット

13,500円(税込)
※黄色シールが目印

Cセット

17,000円(税込)

※青色シールが目印

Dセット

20,000円(税込)

※白色シールが目印

 

お一人様2本同時購入で、2本目30%OFF

 

【オプション料金】

  • 超薄型1.67ASレンズ…2,000円
  • カラー染色…3,000円
  • 薄型遠近両用(1.60UV付)レンズ…7,500円
  • 薄型ハイグレード(TF設計)遠近両用レンズ…10,000円

 

ヤマウチのこだわりメガネ

images

新ブランド取扱い情報

「Ptolemy48(トレミーフォーティーエイト)」

雑誌LEON、Begin、婦人画報などに多数掲載

「Ptolemy48」はデザインに一切の妥協をせず、最高品質の材料を選定し、脈々と受け継がれたメガネ職人技と最先端技術を融合した魅力ある作品を作り出します。職人達の忘れ去られた日本人のモノ作りへの「プライド」復活を合言葉に、4人の職人達の匠技を集約して誕生したフレームが「Ptolemy48」です。

 

※今だけ!「Ptolemy48」をご購入の方に、度付きレンズ(7,560円税込分)無料にてご提供

 

ヤマウチ一押しのおすすめメガネ

DITA
価格 68,000円(税抜)

 

ハンドメイドに対するこだわりと高い品質への飽くなき追求がDITAの商品を他にはない特別なものにしている。

最高の品質を追求した結果、熟練した日本の職人が一切の妥協をしない最高の仕事で作り上げています。

Ptolemy48 EYEWEAR
価格 48,000円(税抜)

 

女性の目元に鮮やかなカラーを用いることで、若返り効果を演出できるようにデザインしました。アセテートとβチタンのコンビネーションフレームで、鮮やかなイタリアンカラーを演出できるように、イタリアマスケリ社に依頼して表裏異なる絶妙のアセテートカラー生地を採用。

 

 

キッズメガネ

lgf01a201310230800

 

大切なお子様の視力校正の為に必要なメガネを楽しいメガネにする為に、デザインと機能を合わせて、最適なものをご提案します。

 

お子様の視力について

視力の変化や異常は、とにかく早く見つけて眼科医を受診することが大切です。
視力異常は、早期に治療することで改善につながる場合もあります。
少しでも気になることがあれば早めに眼科で受診するように心がけ、子どもの視力を守ってあげるようにしましょう。

 

お子様用フレームでメガネを楽しもう!

子供用のメガネの場合、レンズの厚みをいかに薄くするかということが大切です。
特に遠視のレンズの場合は、普通にレンズを注文したのでは厚いレンズができてしまいます。
当店では認定眼鏡士によってフレーム選び・レンズ選び、そしてレンズの注文に、細心の注意を払っております。
活発なお子様や、おとなしいお子様がいる様に、フレームやレンズにも沢山の特徴があります。
お子様が、楽しんでメガネをお使い頂けるお一人お一人にあったメガネをご提案させて頂きます。

 

治療に使うメガネは保険が適用できる事があります。

治療用メガネの健康保険では、治療に使うメガネは保険が適用できる事があります。

 

給付対象者
年齢 9歳未満
頻度 5歳未満は、1年に1度
   5歳以上は、2年に1度
支給上限額 弱視眼鏡 37,801円(一式)
この額を上限として7割(又は8割)支給されます。

 

申請の手順
1.眼科医処方(眼科) 眼鏡処方箋の発行
2.眼鏡作成(眼鏡店) 眼鏡購入領収証の発行
3.療養費請求(各保険組合)
 眼科・眼鏡店で発行された書類と療養費支給請求書を提出
4.療養費返還 眼鏡購入領収証の発行
詳細は各自治体にお問い合わせ下さい。

 

取扱いブランド一覧

上記以外にも、スポーツメガネ、跳ね上げ式メガネのほか、スーパブランドフレーム(Gucci、Coach、FENDI、Chloé、Dior)なども お気軽にお問い合わせください。

 

レンズ取扱いメーカー

メガネレンズは、色・屈折率・設計・コーティング・機能・加工に様々な種類があり組み合わせ次第で数百種類になります。
その中には必ず、お客様の『目の状態』・『目的』にあった最適なレンズがあります。
当店では、お客様の視力とライフスタイルまた、ご予算にあったレンズをご提案いたします。

 

メガネに関するブログ

 

過去の記事を見る